糖尿病 種類

糖尿病改善ガイドブック

糖尿病でお悩みのあなたへ!糖尿病改善の情報サイト

種類で異なる糖尿病

糖尿病の種類にはいくつかあります。それぞれに発症する過程や原因があり、違いを知っておくのも良いでしょう。

糖尿病には先天的や体質から罹る方もいて、1型糖尿病は膵臓にあるβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されることでインスリン不足に陥り、糖尿病になるものです。1型糖尿病は8歳前後までの子供時代になってしまう事が多く、以前は小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と呼ばれ、後天的に糖尿病になってしまうタイプとは区別されており、毎日のインスリン補充が必要です。

糖尿病で最も多いのは、2型糖尿病です。糖尿病患者では90%以上がこのタイプとされるほどで、不摂生な生活態度による太りすぎなどが原因となってすい臓がダメージを受け、結果インスリン分泌機能が落ちてしまい発症します。

糖尿病は妊娠中に罹る事もあります。妊娠糖尿病がそうで、妊娠中のホルモンバランスの崩れによって起こり、妊娠中毒症や発育不全などの重大な影響があり、妊娠中には十分注意が必要な病気です。

他にも、すい臓機能低下や体内のホルモンが過剰分泌される事で、糖尿病を誘発してしまう二次性糖尿病や、糖尿病と正常の境目にある状態の境界型糖尿病(WHOでは耐糖能障害と呼称しています)があります。