糖尿病 基準

糖尿病改善ガイドブック

糖尿病でお悩みのあなたへ!糖尿病改善の情報サイト

糖尿病の診断基準

糖尿病かどうかの判断は、血糖値を測れば判断がつきます。

糖尿病の判断は、日本糖尿病学会の診断基準が当てられ、基準値には3つの条件があります。1つは、空腹時血糖値が126mg/dl以上である事。2つ目は、随時血糖値(食事の有無に関係なく、随時行われる事)が200mg/dl以上である事。3つ目は、ブドウ糖負荷試験で2時間値200mg/dl以上である事です。この3つの内、ひとつでも該当すると、糖尿病の疑いが強い「糖尿病型」として判断されることになります。

ただし、糖尿病の診断は付き難いとされています。血糖値は、食事や運動、起床直ぐなどの時間帯によっても大きく変化しますから、糖尿病だとされていても、再検査では問題がなかったり、また、その逆も起こりえるのです。誤診を避ける為に、可能なら複数回の検査を受けた方が確実でしょう。

更に、糖尿病には境界型糖尿病という症例もあります。正常なのは、空腹時血糖値が110mg/dl未満でブドウ糖負荷試験は2時間値140mg/dl未満の状態です。この正常型を超え、糖尿病の基準に至らない場合は、境界型糖尿病と呼ばれています。これは糖尿病予備軍とも言われており、生活態度を改めるなどの対策を取らない場合、糖尿病に移行する恐れが濃厚とされ、健康の為にも改善するようにしましょう。