糖尿病 検査

糖尿病改善ガイドブック

糖尿病でお悩みのあなたへ!糖尿病改善の情報サイト

糖尿病の検査について

糖尿病を調べる検査について述べてみましょう。

糖尿病の検査の第一段階は、尿検査と血液検査です。尿検査は、尿にブドウ糖が過剰に含まれていないか、血液検査は血糖値が基準を超えていないかがチェックます。一般的な健康診断でも良く行われる検査で、糖尿病の発症を判断する材料になります。

しかし、この検査法では軽度の糖尿病では有効性が薄いとされます。尿の糖濃度や血糖値は変動しやすく、前日の食事や行動によっても違い、糖尿病と正常の境目にいるような方では診断が難しいようです。血液検査も、採血項目にヘモグロビンA1cがあれば判別しやすいのですが、項目は検査機関や会社によって違いますから、健康診断の結果を丸呑みするのは疑問です。

基本的な検査で問題があるようなら再検査や精密検査が行われます。では、精密検査はどのような内容かというと、炭酸水に溶かした75gのグルコースを飲んで時間ごとの変動値を調べるもので、2時間後の血糖値が200mg/dlを超えていると、糖尿病との診断が下ります。

糖尿病は自覚症状のない方も多く、勤め先の健康診断を受けて初めて罹っている事に気が付いたり、別な病気で検査を受けたら、糖尿病を起こしそうな傾向にある事が判明するなど、早期発見が難しいと言われているようです。糖尿病の早期発見・早期治療のためにも、定期的な検査は重要でしょう。